「こんなときはどのような方法で印刷した方がよいのでしょうか?」という質問をいただくことがあります。

印刷やプリントは、ほとんどの業種において日々の業務のいろいろな場面で必要になります。
そして印刷するための機器も、複合機、プリンタ、印刷機、プロッターなどいろいろな機器があります。

また、こちらの記事(チラシやDMの印刷はラクスルなどネット印刷で。ポスティングも可。)でも記載しておりますが、ネット印刷などのサービスを利用する方法もあります。

いずれの方法を使っても、どうにか印刷できてしまうことも多いですが、状況に合わせた機器やサービスを利用することで、仕上がり品質やコスト面などで大きな差が出ます。

仕上がり品質は、お客様への訴求や信頼、売り上げなどを経由しますが、品質・コストいずれも今後の経営にも関わる大切なことです。

今回は、目的や状況に合わせて適切な印刷の方法について記載させていただきます。

用途や用紙ごとプリント方法のおすすめ一覧

印刷種別ごと一覧表

オフィスでよく使う用途や用紙別にそれぞれの機器での利用の可・不可や適切さを表にしています。

縦軸:品目、用紙タイプ。

(名刺、会社案内、カタログ、パンフレット、チラシ、フライヤー、リーフレット、写真などを含む資料、案内文、テスト問題、社内文書、ポップ、はがき、ラベル紙、複写伝票、ポスター、図面)

横軸1:性質

(カラータイプ、品質へのこだわり、部数の多少)

横軸2:機器・方法

(複合機、レーザープリンター、インクジェットプリンター、印刷機、大判インクジェットプリンター、大判複合機、ドットインパクトプリンター、外注、コピーサービス)

プリント機器対応表

※クリックすると拡大して別ウィンドウで開きます。

表中◎⇒おすすめの方法,○⇒◎の方法がとれない場合次におすすめの方法,△⇒◎〇の方法がいずれもとれない場合に代用はできるがあまりおすすめはできない方法,とさせていただきます。

部数の多、少は全体の印刷量ではなく、同じ内容での部数が多い、少ないという意味です。

印刷機器や方法ごとの特徴など概要

上の表をもとにそれぞれの機器や方法がどのような状況の印刷に向いているかをまとめています。

外注を検討した方がよい場合

印刷を外注することを検討した方がよいのは、主に外向けのPR商材・販促物など見栄えや品質が求められるもの部数が多いものです。

印刷機を利用するのがよい場合

印刷機の利用が向いているのは、そこまで画質にこだわらない白黒や一部カラーのもので部数が多いものです。例えば案内文やテスト問題などです。

インクジェットプリンタや複合機を利用するのがよい場合

インクジェットプリンタは、写真などフルカラーの画質を重視した印刷で、部数が多くないものに向いています。

レーザープリンタ・複合機を利用するのがよい場合

レーザープリンタや複合機は幅広い用途で活躍します。

特に毎回内容を変更して利用する書類や提案書などの作成にはレーザープリンタや複合機が向いています。

また複合機はプリント機能だけみてもいろいろな機能を備えており、一部例を挙げると、機種やオプション状況によりますがステープルやパンチができたり長尺紙へのプリントに対応できたりもします。

大判インクジェットプリンタ・プロッター・大判複合機

大判インクジェットプリンタやプロッター、大判複合機はA3よりも大きいサイズのプリントやコピーをするための機械です。
販促物などとしてカラー出力する場合は、この中ではインクジェットタイプを用いることが多いです。長尺ポップ、ポスター、のぼりなど。
他によく使う用途としては建築用の図面などがあります。

ドットインパクトプリンタ

ドットインパクトプリンタはインクリボンにピンで圧力をかけて印字するプリンタで、複写式の伝票・送り状などに使用します。

状況別おすすめの印刷方法 総括・お断り

今回記載しております内容についてですが、取り上げている機器部類の中でも様々な機種やクラスがございます。
その機種やクラスによって性能や付随している機能も違いますし、今後技術の発展などにより変化していくことが考えられます。

また、外注する事に関しましても、利用するサービスや依頼する会社様によって当然内容は変わってきます。

ですので、上記はあくまで大きなくくりでの一般的な目安・参考材料としてご覧いただけますようお願い申し上げます。

また、こちらの記事は、ほぼ簡単な結論のみの内容となっています。

詳細や根拠などにつきましては、サイト内別の記事にて掘り下げているものもございますし、今後も追加予定です。

ご関心ございましたら是非そちらの記事もご覧ください。

状況に応じて適切な機器を使用することで、お客様への訴求の向上やコストの削減などにつなげていただければ幸いです。

お読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク