チラシやDMの印刷はラクスルなどネット印刷で。ポスティングも可。

ビジネス

印刷・プリントという行為は、ほとんどの業種で業務と密接に関わっています。

以前に比べると、オフィスのペーパレス化も進んでいますが、まだまだ紙ベースの資料も健在です。

そのような中、よく検討される内容として印刷方法などを含めてどのように準備するのが効率的かという点がございますが、チラシや名刺など内容が一定で、部数が多く、フルカラーでお客様向けに配布するものは外注してしまうのがおすすめです。

以下でその理由から記載させていただきます。



同内容・多部数・お客様向けのフルカラー販促物は外注をおすすめする理由

何かを印刷するためには以下のような方法がありますね。

  • 自社:プリンタ・複合機
  • 自社:印刷機・輪転機
  • 外注
  • コンビニなどのコピー・プリントサービス

これらを比較したとき、内容が一定で、部数が多く、お客様向けでフルカラーの販促物は外注した方がよい理由は、大きく分けると以下のような二つの理由があります。

理由1.仕上がりが違う

まず第一に、仕上がりが違います。

ほとんどの場合自分で作成・印刷するより専門の業者に頼んだ方が見栄えよく仕上がります。
自分や会社・商品をPRするためにお客様にお渡しするのが目的であり、しっかりした品質のものをお渡ししたほうがイメージがよいのは当然です。

自作でもクオリティが高ければ問題ないのですが、たまにあまり出来の良くない自作の名刺や販促物を渡されることがあります。

そんな時に是非一緒に仕事をしたいとか、この人から商品を買いたいとは残念ながら思えません。

PRするつもりが逆に印象を悪くしてチャンスを潰してしまっては何のための販促物かわからず、もったいないですよね。

理由2.コストや手間の問題

外注するとなるとコストは当然気になるところだと思います。

まず「自社:印刷機・輪転機」は白黒印刷(もしくは機種によっては画質を気にしない一部カラー印刷)においては大量部数の印刷にコストやスピード面で優れていますが、フルカラーである程度の画質を確保することが前提ですので、特性上除外されます。

次に「コンビニなどのコピーサービス・プリントサービス」ですが、近くに自前の印刷できる機械がない場合に利用するという立ち位置でありコスト的には割高となることが多いです。

となると残るは「自社で管理しているプリンタや複合機」を利用するか、もしくは「外注」するかどちらかということになります。

ネット印刷で有名どころのラクスルさんの場合をみてみましょう。

A4チラシ1000部・片面カラー印刷・光沢紙(コート)の標準の厚さ・1営業日出荷の場合で4,178円になっていますので1枚単価は@4.1円、2000部だと5,844円で@2.9円となっています。※金額は税込 ※2021年8月31日現在 印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

プリンタや複合機の印刷コストは、メーカーや機種・保守プラン・原稿などによって異なりますが、チラシのような原稿で用紙代までいれると上記の単価を上回ってしまうことがほとんどだと思われます。
外注する場合は、部数が増えれば単価は当然安くなりますし、ラクスルさんの場合ではお届け日までに余裕をもって発注できれば、さらに安くなります。

また、特にラクスルさんの場合は印刷の品質やコスト以外にも利用するメリットがあります。

ネット印刷ラクスルを利用するその他のメリット

「ネットで簡単!チラシで集客体験!」というCMが流れていましたのでご存知の方も多いかと思いますが、ラクスルさんを利用すると品質面やコスト面以外にも以下のようなメリットがございます。

・申込み、注文が簡単。

・印刷前のデザインや印刷後の新聞折り込み、ポスティング、DM配送まで集客支援サービスとして提供している。

名刺やチラシのデザインを簡単に作成できるテンプレートが無料で利用できたり、新聞折り込みやポスティングなどもお手軽な方法と価格で利用することができます。

印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

「商売をラクにスル」というスローガンに合った内容のサービスを提供していらっしゃいます。

ネット印刷の活用に関する総括

今回は主にお客様向けのフルカラー販促物の印刷をテーマに、ネット印刷に関する内容について書かせていただきました。

今の時代は、都道府県や国をも越えて内容の良いサービスを受けられるようになっています。

本業に好影響を及ぼす「よいサービスを上手く」利用することで、さらに本業に集中する時間や資金が増えるという好循環が生まれるのではないでしょうか。

今回は以上となります。ここまでお読みいただきありがとうございました。

おすすめの関連ページ ※一部広告が表示されます。