会社のロゴマークや名刺を作らないといけないけどデザインどうしよう?

ロゴや名刺だけでなく、チラシやカタログ、ホームページに看板と自社をPRするためのツールとデザインは切って離すことは出来ません。

自身に才能と経験と時間があれば自作する方法もありますが、そのような方は多くはないでしょう。

では誰に依頼するか・・・そんなときに一つおすすめしたい方法が、

クラウドソーシングを効果的に利用する

という方法です。クラウドソーシングとは何か?利用する流れやメリットなどについて記載させていただきます。

PC キーボード

クラウドソーシングとは何?

クラウドソーシングとは、crowd(群衆)からのsourcing(調達)と訳すことができます。

主にインターネットを利用して、たくさんの人からアイデア・サービス・コンテンツ・作品などを募集し、業務委託・外注することを指します。

日本でもクラウドソーシングの場を提供する会社が増えてきており、デザインなどのアイデアを募集し仕事を発注したい人と、例えばフリーランスなどで仕事を探している人を結びつけ、双方にメリットのあるサービスとして注目されています。

クラウドソーシングを使ってロゴや名刺デザインなどの仕事を依頼するときの流れ

クラウドソーシングを使って仕事を依頼するときのだいたいの流れは会社によって多少異なりますが以下の通りです。

  1. 依頼形式を決める。(プロジェクト方式・コンペ方式・タスク方式などの方法が選択できます。今回のようなロゴデザインなどの場合コンペ方式がおすすめです。以下の流れもコンペ方式の場合です。)
  2. 依頼内容やイメージ、納期、納品の形式、予算などを登録する。
  3. 集まった作品の中から気に入った作品を選ぶ。

クラウドソーシングを利用するメリット

仕事の依頼にクラウドソーシングを利用した場合のメリットは以下のような点があげられます。

  • 提案依頼先について(どこの業者の誰に声をかけたらいいかなど)考えなくて済む。
  • たくさんのアイデアの中から選ぶことが出来る。
  • 予算・納期を自分で定めることが出来る。
  • 同じ内容でも、通常の相場より安く抑えられる。
  • 発注から納品まで、ほぼWeb上やメールのやり取りで完結する。

他の方法を考えてみると、例えば、知り合いの業者に声をかけてデザインしてもらう場合などは、信頼があったり、実際会って打ち合わせが出来る反面、そこまでの数は集められないですし値段が高かったり、デザインの内容や金額に多少納得できなくても断りにくかったりついつい妥協してしまったりということがあるようです。

おすすめのクラウドソーシング運営会社

日本でも複数のクラウドソーシング運営会社がありますが、2社ほどご紹介させていただきます。

クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス

知名度も高く、登録者数も多い2社です。それぞれの利用企業を見ると、大手企業や官公庁などが並んでおり「ここも利用しているんだ」と思いますよ。

販促物のデザイン依頼法など総括

今回は主に発注する側からクラウドソーシングを説明させていただきました。

あくまで1つの方法としてですが、かなりメリットのある方法になりますので会社を表現・PRするためのデザインについてお考えの際にはぜひ検討してみてください。

またデザインをしたものの印刷や、ポスティングなどその後のアクションについては次項も参考にしてください。

イメージに合ったデザインと出会うことができて、今後の事業のプラスになることを祈っております。お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク