SIMフリー」「格安SIM」「格安スマホ」「MVNO」などと言うワードを耳にする機会が増えてきているのではないでしょうか?

当サイトでも関連のあるページ内で何度か登場していますので、こちらのページで簡単にまとめておきます。

スマホとSIM

SIMフリーとかMVNOとか何?格安SIM、格安スマホはどういうこと??

SIMとは?

スマートフォンやタブレット、モバイルWi-Fiルーターなどのモバイル通信端末を一番最初にセットアップする際、小さいICカードを端末に挿して利用を始めますよね?

あれがSIMカード(Subscriber Identity Module Card)です。

SIMカードを挿すことでインターネットへの接続、音声通話やデータ通信が可能になります。

SIMフリーとは?

以前、日本国内において携帯やスマートフォンなどは、契約時に渡されるSIMカードか同キャリアの一部のものしか使えないようにロックがかけられていた状態でした。

ここでいうキャリアとは携帯会社・通信会社のことで3大キャリアともいわれるNTTドコモ,au(KDDI),ソフトバンクが代表的です。

つまり上記の携帯会社でスマートフォンを購入すると一緒にSIMカードもセットで渡されますが、そのスマートフォンに他社のSIMカードを挿したり、逆にそのSIMカードを他社の端末に挿してもインターネット、音声通話やデータ通信をすることはできなかったんです。

上のような状態では、市場での競争の問題や海外との行き来の問題などがありました。

そのため総務省がキャリアにむけて自主的にSIMロックを解除するように要請、その後義務化したという流れがあります。(SIMロック解除の義務化

SIMロックが解除された状態、もしくは最初からロックや制限がかかっていなくてどこのSIMでも利用できる状態がSIMフリーと呼ばれているものです。

格安SIM、格安スマホとは?

大手キャリアのSIMロック解除で注目され市場が拡大しているのが、キャリア以外のSIMだったり、どこのSIMでも利用することが出来るSIMフリーの端末です。

SIM、スマートフォンなどの端末ともにキャリア以外から提供されているもののほうが、キャリアで提供されているものより低価格のケースが多く、それがそれぞれもしくは組み合わせて「格安SIM」「格安スマホ」などと呼ばれているわけです。

中古スマートフォンの市場が活況なのもこういったことが1つの背景になっています。

SIMフリー状態の中古端末を購入して格安SIMを使うとかなり費用を抑えることができますから、そういった利用をされる方が増えています。

MVNOとは?

キャリア以外でSIMなどを通じて、モバイル通信サービスを提供しているのが

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)日本語で言うと仮想移動体通信事業者になります。

MVNOは、自分では無線局・無線通信回線設備などのインフラを持たず、主にキャリアなどに借りて自社ブランドとして差別化したモバイル通信サービスを提供する事業者になります。

ISP(インターネットサービスプロバイダー)やインターネットサービス運営会社の大手をはじめ、数多くの事業者が存在します。

格安SIMやスマホ、MVNOについての総括

今後スマートフォンなどのモバイル通信端末の買い替えや見直しの際に、MVNOのSIMをはじめ選択肢は増えていく傾向にありそうです。

利用する側としましては、自分にはどのサービスやプランが適しているのか見極め、同程度の品質や機能であれば少しでもおトクに利用したいところですね。

ただ選択肢が増える分、複雑にもなりがちなので、また当サイトでもいろいろな角度から分析していこうと思っております。

今回の記載は以上になります。お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク