Mac でファイルやフォルダにパスワードを設定する方法。用途・ファイル形式ごとまとめ。

PCセキュリティ

日頃の業務において、ファイルやフォルダにパスワードを設定した上で保管したり、取引先やお客様に送付したりする機会が増えてきていることは皆様ご実感いただいていることかと思います。

こちらのページは、Mac 利用時におけるファイルやフォルダにパスワードを設定する方法を、追加のソフトウェア・アプリや費用などのかからない標準の機能を中心にファイル形式や用途ごとに、おおまかな手順と詳細ページへのリンクなどでまとめさせていただいているページとなります。

ブックマークなどいただき、Mac 利用時にファイルやフォルダにパスワード設定が必要となった際のご参考にしていただけますと幸いです。

Mac でファイルにパスワードを設定する方法。

単一ファイルのみの送信時など、ファイル自体にパスワードを設定する方法になります。

Mac で パスワードを設定したPDFファイルを作成する方法。

まずは、最終的に PDFファイルにパスワードを設定する(暗号化PDFの作成)方法になります。

もとのファイルは、PDF形式に限りません

iWork ( Pages , Numbers , Keynote )のファイル、Microsoft Office ( Word , Excel , PowerPoint )のファイルなど、いろいろなファイル形式からパスワード付きのPDFファイルを作成することが可能な方法になります。

ここで紹介する方法は、Mac の「プリント」の機能を利用する方法で以下が手順となります。

  1. パスワードを設定したいファイルを開きます。
  2. 画面上部メニューバー内の ファイル > プリントと進めます。
  3. 起動してくるウィンドウ左下の PDF >「PDFとして保存」と進めます。
  4. セキュリティオプション」へ進みます。
  5. パスワードを設定します。
  6. 保存」を押します。

以下のページで、画像付きの詳しい説明や、現在の保護状態の確認方法、パスワードの解除方法などについても記載させていただいております。

Mac の標準機能でPDF にパスワードを設定および解除して保存する方法。

Mac で iWork (Pages ,Numbers ,Keynote )のファイルにパスワードを設定する。

次に、Pages , Numbers , Keynote といった iWork のファイルにパスワードを設定する方法になります。

こちらの方法はパスワードを入力して復号した後には、それぞれ対応したアプリケーションで編集などを行うことを想定して利用する方法となります。

おおまかな手順は以下のようになります。

  1. パスワードを設定したいファイルを開いた状態にします。
  2. 画面上部の画面上部のメニューバーファイル > 「パスワードを設定」と進みます。
  3. パスワードを設定します。 必要に応じて、「パスワードのヒント(推奨)」や「□このパスワードをキーチェーンに保存」も入力します。
  4. パスワードを設定」ボタンを押します。

以下のページで、画像付きの詳しい説明や、設定済みのパスワードを解除したり変更する方法などについても記載させていただいております。

Mac で iWork ファイルにパスワードを設定したり削除したりする方法。

Mac 用の Office [ Microsoft 365 , Office for Mac ( Word , Excel , PowerPoint など )]にパスワードを設定する。

ご存知の方が多いと思いますが、Microsoft 365 for Mac などで Microsoft Office の Word , Excel , PowerPoint などのファイルを取り扱うことができます。

その際ファイルにパスワードを設定することが必要なケースもあると思います。

こちらの方法もパスワードを入力して復号した後には、それぞれ対応したアプリケーションで編集などを行うことを想定して利用する方法となります。

製品ごとに多少設定方法が異なりますので、製品ごとの以下の記載をご参考になさってください。

・Microsoft Word for Mac で文書ファイルにパスワードを設定する。

Mac で Word ファイルにパスワードを設定する際のおおまかな流れは以下の通りです。

  1. パスワードを設定したい Word ファイルを開きます。
  2. 校閲」タブ > 「文書の保護」と進めます。
  3. パスワードを設定します。
  4. 確認でパスワードを再入力します。

以下のページで、設定時のオプションや設定後の挙動などを含む画像付きの詳しい説明、設定済みのパスワードを解除する方法などについても記載させていただいております。

Microsoft Word for Mac でのパスワード設定や解除方法

・Microsoft Excel for Mac でブックファイルにパスワードを設定する。

Mac で Excel ファイルにパスワードを設定する際のおおまかな流れは以下の通りです。※他の手順もございます。

  1. パスワードを設定したい Excel ファイルを開きます。
  2. 画面上部のメニューバー ファイルパスワードと進めます。
  3. パスワードを設定します。
  4. 確認でパスワードを再入力します。

以下のページで、設定時のオプションや設定後の挙動などを含む画像付きの詳しい説明、設定済みのパスワードを解除する方法などについても記載させていただいております。

Microsoft Excel for Mac でのファイルパスワードの設定と解除

・Microsoft PowerPoint for Mac でプレゼンテーションファイルにパスワードを設定する。

Mac で PowerPoint ファイルにパスワードを設定する際のおおまかな流れは以下の通りです。

  1. パスワードを設定したい PowerPoint ファイルを開きます。
  2. 画面上部のメニューバーファイルパスワードと進めます。
  3. 要望に応じてパスワード設定を行いたいメニュー(開くためのパスワードか変更するためのパスワードか)にチェック✅を入れOKで進めます。
  4. 新しいパスワードと確認のパスワードを入力します。
  5. パスワードの設定」を押します。

以下のページで、設定時のオプションや設定後の挙動などを含む画像付きの詳しい説明、設定済みのパスワードを解除する方法などについても記載させていただいております。

Microsoft PowerPoint for Mac でのパスワード設定や解除の手順。

これ以降ページ下部では、複数ファイルを含んだフォルダに対してパスワードを設定する方法へ続きます。

Mac でフォルダにパスワードを設定したい場合。

Mac でパスワードを設定した Zipファイル(フォルダ)を作成する方法。

複数ファイルをまとめて送信したい場合などによく利用されるZipファイル(フォルダ)ですが、Mac ではターミナルでコマンドを実行することで追加のソフトウェアなどは利用せずに、Zipファイル(フォルダ)にパスワード設定を行うことが可能です。

  1. ファイルを含めたフォルダを準備します。
  2. ターミナル上で zip コマンドを実行し、パスワード暗号化した Zipファイルを作成します。

流れとしては上記のようになりますが、詳しい手順については、以下のページをご参照ください。

Mac の標準機能で Zipフォルダ(ファイル)を作成し、パスワード設定する方法。

画像付きで作業例を説明させていただいている他、解除方法、注意点などについて記載させていただいております。

総括

当ページの内容はここまでとなります。

アクセス・閲覧いただきありがとうございました。

情報セキュリティは非常に重要です。一方で効率・利便性などと反比例することもあるといった一面もございますので、内容や状況に応じて適切なレベルの処置を施すことが大切です。

こちらのページも、今後内容の追加や更新などを行って行く予定ですので、よろしければブックマークなどしていただき、またご利用いただけますと幸いです。

Mac なら Windows をインストールして両方のOSを切り替えて利用することが可能です。 まさに1台2役で、お互いの得意な機能を利用することで作業の幅も広がります。 まだこのような機能を利用されていない方でご関心があられる場合、下記のページもご覧ください。

Mac で Windows も利用する。Boot Campの手順や必要な事前準備。

 
スポンサーリンク