pc画面

パソコンに表示中の画面、例えばWeb(インターネット)画面や作業中の画面をコピーして、保存したり、マニュアルや手順書などを作成して共有したり、ホームページやブログなどに貼り付けたいといったことがあると思います。

これらのことは、ほとんどの場合パソコンに標準装備されている機能を使うことで無料で行うことが出来ます

今回は、Windows® のパソコンで作業する際の方法(スクリーンショットキャプチャトリミングなど)を用途ごとに解説しています。

iPhoneやiPadでのスクリーンショットについては別記事がございます。

iPhone、iPadに表示中の画面を撮影し、写真画像として保存する方法。

パソコンに表示中の画面を切り抜いたり保存したりする方法(スクリーンショット、キャプチャ、トリミング)

Snipping Tool

パソコンに表示されている画面を範囲を指定して切り抜き保存するには Snipping Tool が便利です。

以前は、スクリーンショット(〔Print Screen〕もしくは〔Prt Sc〕、PCによっては+〔Fn〕キー)をとってペイントなどで必要な部分を切り抜くという方法が多くとられており今でも利用可能な方法ではありますが、場合によってはSnipping Tool を利用することでもっと作業効率を高めることが出来ます。

Snipping Tool の使い方

以下、Windows® 10 の場合での Snipping Tool の利用方法になります。

Snipping Tool は Windows® Vista 以降搭載されていますが、少しづつ改良されたり機能が追加されているため以前のOSでは一部利用できない機能がございます。

Snipping Tool でパソコン表示中の画面を範囲指定し保存する手順

1、パソコンの画面に切り抜いたり、保存したい画面を表示させます。

2、Snipping Tool を起動します。

spt1

検索窓に、Snipping Tool と入力すると見つかりますが、よく利用される場合などは、タスクバーに追加しておくと便利です。

よく利用するアプリやプログラムをタスクバーなどに配置する方法については以下のページを参考にして先に設定しておくことをおすすめします。

Windows®10 アプリどこから起動?タスクバーなどに配置する方法。

3、切り抜き・保存したい範囲を選択する。

spt2

Web画面を表示しているところです。

新規作成の横の▼をクリックし、どの範囲を切り抜き・保存するかを選択します。

例1、四角形の領域切り取り

spt3

四角形の領域切り取りの場合、ドラッグして選択します。

例2、ウィンドウの領域切り取り

マニュアルや設定作業の手順書などの作成に利用したい場合は、ウィンドウの領域切り取りを選択すると便利です。

spt4

4、場所・ファイル名・ファイル形式を指定し保存する。

spt5

画像が切り抜かれ表示された状態で、左上のファイルより名前を付けて保存を選択します。

ご希望の保存場所・ファイル名・ファイル形式(Snipping ToolではPNG、BMP、JPEG、HTMLが選択できます)を指定し保存を押すと、保存されます。

パソコン表示中の画面を範囲指定し保存する手順は以上です。

Snipping Tool には他にも機能がありますので用途によっては以下を参考にしてください。

Snipping Tool のペンで線をひいたり、文字や絵を描く。

Snipping Tool では蛍光マーカーで線を引き強調したり、文字や絵を描くことが出来ます。

spt6

Snipping Tool ではページ記載日現在ではあくまで「描く」機能になっており、上のように手書きイメージになります。

パソコンに表示されている画面を切り抜き保存したい際に、以下のような用途がある場合は別の方法を取った方がいいことがございます。

  • きれいにフォント文字(テキスト)を入力したい
  • 切り抜いた部分からさらに一部を消去・削除したい
  • ぼかしを入れたい
  • サイズを変更したい

など。方法としては

  • Snipping Toolを使い、一度そのまま(切り抜き以外未加工で)保存しあらためて ペイント などで開きなおす。
  • 最初からSnipping Tool は利用せず、スクリーンショットの機能などを利用し、ペイント などで加工する。

などがございます。

Snipping Tool の遅延機能を活用する。

Windows® 10 に搭載されている Snipping Tool では「遅延」という機能が追加されています。

パソコンに表示されている画面を保存したいが、Snipping Tool でそのまま保存しようとすると目的のウィンドウが閉じてしまい保存できない場合などに「遅延」機能を使うことで解決できることがあります

Snipping Tool 遅延機能の利用手順

パソコン画面に表示されているカレンダーのウィジェットを切り抜き、画像として保存したい場合を例にあげさせていただきます。

1、画面を準備し、Snipping Tool を起動させる。

2、新規作成の横の▼で切り抜きたい範囲を指定しておく。(ここまではページ上部を参照ください)

3、遅延の箇所で何秒後の画面を保存したいか、秒数を指定する。

spt7

4、新規作成を押す。

5、目的のウィンドウなどを表示させる。

新規作成を押して、指定の秒数後に保存できる状態(下の画像)になります。

それまでに、目的のウィンドウなどを表示させてください。

spt8

6、領域の指定に合わせて切り抜きたい範囲の指定をする。

全画面領域切り取り以外を指定している場合は、指定の方法で切り抜きたい範囲を指定します。

7、完了

spt9

このように切り抜きできますので、あとは上で記載の手順と同様に保存すれば完了です。

用途によって他の方法を取った方が良い場合

上のようにパソコンで表示している画面を範囲指定し切り抜き保存するには Snipping Tool がおすすめですが、他にも方法があり用途や状況によってはそちらの方法をとったほうが良い場合がございますので記載しておきます。

スクリーンショットを撮り、その後ペイントなどで加工する。

上にも記載がありますが、パソコンに表示されている画面を切り抜き保存したい際に

  • きれいにフォント文字(テキスト)を入力したい
  • 切り抜いた部分からさらに一部を消去・削除したい
  • ぼかしを入れたい
  • サイズを変更したい

といった用途に関しては、Windows® のスクリーンショットの機能(〔Print Screen〕もしくは〔Prt Sc〕、PCによっては+〔Fn〕キー)から、ペイント を利用することで可能になります。

ペイントも Windows® に標準搭載されているプログラムになりますので追加費用などは必要ありません。

ペイントで画像ファイルを編集・加工する方法は下記ページを参照ください。

ペイントの起動や機能。文字入力や切り取り、サイズ変更など。

スクリーンショットを OneDrive® に自動保存する。

また、Windows® 10 では、スクリーンショットを自動で OneDrive® に保存することが出来ます。

ですので、

  • パソコンに表示されている画面を連続的に複数保存したい場合
  • 編集・加工はあとでまとめて行いたい場合
  • 複数の端末間や現在の端末とは別の端末でファイルを共有したり活用したい場合

などはこちらの方法がおすすめです。

スクリーンショットを自動で OneDrive® に保存する方法などについては以下のページを参照ください。

PC表示中画面のスクショを OneDrive® やPC内に保存する方法。

 

そして、自分に合った方法、業務に合った方法があると思いますので、こちらのサイトを参考にいろいろな方法を試してみてください。

こちらのページは以上になります。ありがとうございました。

スポンサーリンク