Mac のプレビューで複数ファイルを1つのウィンドウで一緒に開く方法。

複数ファイル同一ウィンドウ

Mac の標準アプリケーション「プレビュー.app」では複数ファイルを開く際に別々のウィンドウで開くか1つのウィンドウ内に一緒に開くかを設定により切り替えることが可能となっています。

こちらのページでは、選択可能な設定パターンや設定の方法について記載させていただいております。

「プレビュー.app」における複数ファイルの開き方に関する設定箇所

「プレビュー.app」で複数ファイルを同時に開く際に、別々のウィンドウで開くか1つのウィンドウ内で一緒に開くかの設定の切り替えは以下の箇所で設定することが可能です。

プレビュー」 の「環境設定」 > 「イメージ」> 「ファイルを開くとき

プレビュー環境設定
プレビュー環境設定イメージ

「プレビュー.app」で複数ファイルを開く際の選択可能な設定パターン

上記の通り、「プレビュー.app」では環境設定内で複数ファイルを開くときの動作を以下のようなパターンから選択することができます。

  • すべてのファイルを1つのウィンドウで開く
  • ファイルのグループを同じウィンドウで開く
  • ファイルごとに個別のウィンドウで開く

すべてのファイルを1つのウィンドウで開く』と『ファイルのグループを同じウィンドウで開く』に関しましては「それぞれどのような動作なのか」「どのように異なるのか」以下で少し詳しく解説していきます。

すべてのファイルを1つのウィンドウで開く

すべてのファイルを1つのウィンドウで開く』を選択している場合、同時に開いたファイルと、その後追加で開いたファイルが同じウィンドウに追加・表示されます

複数ファイルを同時に開くには「Finder」 などで 〔Shift (⇧) 〕キーや〔command〕キー、もしくはショートカットキーを利用して複数ファイルを選択し、メニューバーの「ファイル」>「開く」と進めます。

同一ファイルで開く

上の図では、JPEG(.jpg)ファイルとPNG(.png)ファイルの計4ファイルを同一ウィンドウで開いています。

PDFファイルに関しては、最初にPDFファイルを開いていた場合には、JPEGやPNGなどの画像ファイルをPDFページとして追加することができますが先にJPEGやPNGなどのファイルを開いている状態で、後からPDFファイルを開くと別のウィンドウで開きます。

また、複数のPDFファイルを同一のウィンドウで開くには以下のような設定が必要となります。

メニューバーの Appleメニュー(りんごマーク)> 「システム環境設定」 > 「Dock」> 「書類を開くときはタブで開く

書類を開くときはタブで開く」で「常に」を選択。

システム環境設定

システム環境設定Dock

書類を開くときはタブで

ファイルのグループを同じウィンドウで開く

ファイルのグループを同じウィンドウで開く』を選択している場合、同時に開いたファイルが同一ウィンドウで開き、その後追加で開いたファイルは別ウィンドウで開きます

プレビュー2ウィンドウ

上の図では、JPEG(.jpg)ファイルとPNG(.png)ファイルの計4ファイルを2回のタイミングで開いた場合で、タイミングごとに別れた2つのウィンドウで開いています。

また上で記載の「システム環境設定」> 「Dock」>「書類を開くときはタブで開く」の設定がタブで開く設定になっている場合には、タブで別れて表示されます。

総括

「プレビュー.app」で複数ファイルを開く場合に、別のウィンドウで開くか、同一のウィンドウで一緒に開くかを切り替える設定についての記載は以上となります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Mac の「プレビュー.app」ではファイルやページを表示させた状態でページの並び替えや、追加、結合なども行うことが可能です。

Mac 標準のプレビューでPDFの結合、ページの抽出・追加・削除・並び替えを行う。

よろしければ、そちらもご参考になさってください。

Mac なら Windows をインストールして両方のOSを切り替えて利用することが可能です。

まさに1台2役で、お互いの得意な機能を利用することで作業の幅も広がります。

まだこのような機能を利用されていない方でご関心がございましたら、以下のページもご覧になってみてください。

Mac で Windows も利用する。Boot Campの手順や必要な事前準備。

スポンサーリンク