Microsoft®Office のファイルを開いて見るだけなら無料のViewerを活用する。PowerPoint®、Word、Excel®

プレゼン資料
「PowerPoint® (パワーポイント)が必要なんだけどいくらくらいしますか?」

という問い合わせをいただいたり、パソコンや Microsoft® Office のパッケージを検討いただく際に

「Officeは PowerPoint® がついているやつでお願いします」

と要望をいただいたりします。

ただよくお話を伺ってみると、

「 PowerPoint® で作成された資料などのファイル(.pptや.pptxなど)を見たり、印刷する必要があるけど自分でプレゼンテーションの作成はしない

というケースも中にはございます。

少しお待ちください。自分で作成したり、編集したりする可能性があるならば購入してもいいのですが、

PowerPoint® で作成された資料などのファイル(.pptや.pptxなど)を見たり、印刷するだけなら PowerPoint Viewer で事足ります。

PowerPoint Viewer は Microsoft® さんが提供してくれている無償のアプリケーションで、下記ページよりダウンロード(無料)して利用することが出来ます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13

Power Point® を単品で購入するにしても、パッケージを選ぶ際に PowerPoint® が入っているものを選ぶにしても、やはりお金がかかってしまいます。

(参考・Microsoft® ストアでの価格、ページ記載日時点)

Office Personal 2016 (word、Excel®、Outlook®、PC2台)¥32,184-

Office Home & Business 2016 (word、Excel®、Outlook®、PowerPoint®、OneNote®、PC2台)¥37,584-

PowerPoint 2016(ダウンロード版、PC2台) ¥15,984-

ですので、上記のようにファイルを開いて見たり印刷するだけの場合や、事務所内のパソコンや個人でも既に持っているパソコンの中などに Power Point®を持っている状態で、追加で新しく端末を増やす場合などは Power Point Viewer の利用を検討してみてください。

ちなみに、Word ViewerExcel Viewer も準備されています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/office.aspx

設定など補足

上記ページからダウンロードいただきインストールまで済んでいるのに、上手くファイルが開けない場合は、ファイルを開くプログラムが Power Point Viewer に切り替わっていない可能性がございます。

その際には開きたいファイルを右クリックして、プログラムから開く や プロパティ よりファイルを開くプログラムを Power Point Viewer に設定してみてください。

ファイルを開くプログラムの変更などの設定は下のページでもふれています。

Windows® 10 で画像ファイルが開けない時。

こちらのページは以上になります。

お読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク