インターネットは仕事でもなくてはならないものになりました。

そしてインターネットをするには回線が必要です。

新規で回線を申し込む際、どこにどう申し込めばいいのか迷ってしまう方も多いのではないしょうか?

現在は光回線が主流なのですが、2015年に光コラボレーションモデルが開始され選択肢が増えた分、申し込む際の悩みの種も増えているようです。

光コラボ事業者は数えきれないほどあり、さらに光コラボ事業者のサービスを使ってサービスを提供している事業者もあります。

すべては紹介しきれないため、このページでは以下の代表的なサービスをピックアップして紹介させていただきます。

また回線の取次窓口はWeb上、実店舗ともに多数ございますが、中には特典を誇張したり、特典を受けるための条件(オプションに加入など)が厳しい、手続きが複雑すぎる、特典を受け取るまでの期間が長すぎるなど問題がある場合がございます。

こちらのページで紹介している窓口は、そのあたりを総合的に判断し、おすすめできる窓口となっています。

特徴や特典など記載させていただいておりますが、キャンペーンやプラン内容は変わっていくことが想定されますので必ず当該ページにて最新の情報を確認するようにしてください。

また数を絞ってはいますが記載のサービスを全てチェックするのは大変ですので、早く自分に合ったサービスを見つけたい方はページ下部の総括を先に見ていただくと早いと思います。

地球インターネット

代表的な光回線インターネット接続サービス

  • フレッツ光(NTT東日本・西日本)
  • OCN光(NTTコミュニケーションズ)
  • ビッグローブ光(BIGLOBE)
  • ドコモ光(NTTドコモ)
  • auひかり(KDDI)
  • NURO光(So-net)
  • U-NEXT光(U-NEXT)

フレッツ光(NTT東日本・西日本)

フレッツ光の速度や概要

フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線になります。

通信速度は最大概ね1Gbps。

また光コラボ事業者はこのフレッツ光の設備を利用して独自のサービスを展開しています。つまりこのフレッツ光がベースになっているのです。

また光コラボは、2015年に開始されたサービスですが、フレッツ光はそれ以前からあるサービスなのでサービス提供の実績が長く安定性やサポート面などでも安心できます。

フレッツ光のご利用料金

<東日本>

戸建て・・・割引き適用後月額4,600円(フレッツ光ネクスト・ギガファミリー・スマート)

マンション・集合住宅・・・割引適用後月額2,950円(フレッツ光ネクスト・ギガマンション・スマート)

初期費用・・・契約料800円+初期工事費 戸建て18,000円 マンション・集合住宅15,000円

プロバイダ料金 500円~1,000円程度

<西日本>

戸建て・・・月額4,300円(光もっともっと割引適用の1年目、2年目な場合。それ以降はさらに安くなります。フレッツ光ネクスト隼ファミリータイプ)

マンション・集合住宅・・・月額3,250円(光もっともっと割引適用の1年目、2年目の場合。それ以降はさらに安くなります。フレッツ光ネクスト隼マンションタイプ)

初期費用・・・契約料800円+初期工事費 ファミリー・戸建て18,000円 マンション・集合住宅15,000円

プロバイダ料金 500円~1,000円程度

※複数プランがあり、プランにより異なります。

フレッツ光のおすすめの申し込み窓口・特典



(特典)

最大40,000円のキャッシュバックもしくはPCなど特典商品(手続きが簡単。オプション加入条件一切なし。キャッシュバック最短2か月。)

OCN光(NTTコミュニケーションズ)

OCN光の速度や概要

プロバイダーとして有名なOCNと光回線を一緒に利用することができる光コラボレーションモデルです。

通信速度は最大概ね1Gbps。

OCN光はプロバイダー料金と光回線を合わせたご利用料金の安さが魅力です。

OCN光のご利用料金

マンション・集合住宅・・・月額3,600円(プロバイダー料金込。「2年自動更新型割引」を適用。)

ファミリー・戸建て・・・月額5,100円(プロバイダー料金込。「2年自動更新型割引」を適用。)

初期費用・・・事務手数料3,000円。工事費 ファミリー・戸建て18,000円 マンション・集合住宅15,000円

OCN光のおすすめの申し込み窓口・特典



(特典)

JCBギフトカード還元

新規:ファミリー18,000円分相当 マンション13,000円分相当

転用:ファミリー9,000円分相当 マンション6,000円分相当

オプション加入条件一切なし。

ビッグローブ光(BIGLOBE)

ビッグローブ光の速度や概要

ビッグローブもプロバイダーとして有名ですので馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

ビッグローブ光は、プロバイダーと光回線を合わせて提供を受けることが出来る光コラボレーションモデルです。

通信速度は最大概ね1Gbps。

高速・高品質に加えサポートやセキュリティ対応がしっかりしており、

「2015 RBB TODAY ブロードバンドアワード 光コラボ部門 東日本 最優秀賞」を受賞しています。

光回線とプロバイダー料金を合わせたご利用料金の安さは魅力的です。

またMVNO事業者でもありスマートフォンなど格安SIMの「BIGLOBE SIM」も提供されており光とSIMをセットで使うとさらにお得な「光☆SIMセット割」もあります。

MVNOや格安SIMなどについては以下で記載させていただいております。

スマホなどのSIMフリー、格安SIM、MVNOって何?

ビッグローブ光のご利用料金

マンション・集合住宅・・・月額4,080円(プロバイダー料金込。)

ファミリー・戸建て・・・月額5,180円(プロバイダー料金込。)

初期費用・・・新規の場合 申込み手数料1,000円。工事費 ファミリー・戸建て18,000円 マンション・集合住宅15,000円 転用の場合 申込み手数料2,000円 工事費なし。

下記からのお申込みで実質4,000円

ビッグローブ光のおすすめの申し込み窓口・特典




(特典)

〇初期費用割引キャンペーン。

申込手数料1,000円とファミリータイプ・マンションタイプの初期工事費に関して初月分の3,000円をお支払いいただき、残りの工事費を毎月の料金から割引くことで実質4,000円となるキャンペーン。

〇キャッシュバック(手続きが簡単・オプション加入条件一切なし。最短2ヶ月で現金振込)

新規 10,000円+無線LANルーター

転用  5,000円

ドコモ光(NTTドコモ)

ドコモ光の速度や概要

ドコモ光は、ドコモのスマートフォンと光ネット回線、プロバイダーがセットで利用できる光コラボレーションモデルです。

通信速度は最大概ね1Gbps。

ドコモのスマートフォンとネット回線を組み合わせることで適用される割引があり、選ぶプロバイダーやその他の契約状況によりお得にご利用いただけます。

ドコモ光のご利用料金

セットにするプロバイダによってタイプA/タイプB/単独(別途プロバイダー契約が必要)と分かれています。

マンション・・・月額 4,000円/4,200円/3,800円

戸建て・・・月額 5,200円/5,400円/5,000円

初期費用・・・新規 契約事務手数料3,000円+工事料(戸建て18,000円、マンション15,000円)現在キャンペーン中

転用 最大速度そのまま⇒契約事務手数料3,000円工事料なし。 最大速度を1Gbpsにする場合⇒契約事務手数料3,000円+工事料7,600円

ドコモ光の申し込み・おトク情報

ドコモ光はネット、店舗、電話で申し込むことが出来ます。

ドコモ光。

現在実施中のおトクなキャンペーン。

・dポイント5,000pt進呈。

・新規工事料サービス・・・スマートフォンやケータイの新規契約と同時なら無料。それ以外でも半額。

auひかり(KDDI)

auひかりの速度や概要

au光はKDDIが提供する光ファイバーを利用したインターネット回線サービスです。

通信速度は最大概ね1Gbps。

また、auスマートフォンとau光(ネット+電話など)を組み合わせることで割引を受けられる「auスマートバリュー」が提供されていますので、セットで使うことでさらにおトクに利用することが出来ます。

さらに、初期費用相当額の割引を受けられたり、キャッシュバックも受けることが出来たりと、費用面でのメリットも豊富です。

auひかりのご利用料金

戸建て・・・月額5,100円(1年目・プロバイダ料金込・ずっとギガ得プランの場合2年目以降はさらにお安くなります。)

集合住宅・・・月額3,800円(プロバイダ料金込タイプV16契約以上の場合)

初期費用・・・一定期間のご利用を条件に、初期費用相当額の割引を受けることが出来るキャンペーン実施中のため実質0円。

auひかりおすすめの申し込み窓口




(特典)

・乗り換えサポート還元・・・他社回線からの乗り換え条件を満たせば最大30,000円還元(公式)

・初期費用相当額割引・・・条件を満たせば初期費用が実質0円に。(公式)

・ネット契約のみでも必ず33,000円のキャッシュバック。(オプション加入条件なし。手続き簡単・最短1ヶ月。電話も併せて申し込み・指定プロバイダなどでさらに増額。)

NURO光(So-net)

NURO光とは?概要や速度、料金

NURO光は、So-netが提供する新しい光回線サービスです。

速度は世界最速の下り最大2Gbpsとなっています。

そして、無線LANとセキュリティ(5台までインストール可能なカスペルスキーマルチプラットフォームセキュリティ)が標準装備で月額4,743円。

さらに、初期費用相当額分の割引キャンペーンも実施中で、初期費用実質0円で導入することが可能です。

ただ、現在(2016年5月)のところ提供エリアが、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県のみ、集合住宅に関しては5階建て以下までとかなり狭いのが残念です。

今後の広がりに期待したいサービスです。

NURO光のおすすめの申し込み窓口



(特典)

So-net公式お申込み特設ページです。30,000円のキャッシュバックを受けられます。

初期費用相当額の割引キャンペーン実施中。実質0円で導入可能。

U-NEXT光(U-NEXT)

U-NEXT光の概要や速度

U-NEXT光は、U-NEXTが提供する光コラボレーションのインターネット光回線です。

通信速度は概ね1Gbpsです。

光回線の利用だけでも安くなっていますが、U-NEXTは格安SIMで使えるモバイルサービス「U-mobile」や映像サービス「U-NEXT」を提供しておりそれらのサービスと組み合わせること(U-NEXT光コラボレーション)でさらに

おトクに利用することが出来ます。

特に、光回線とスマホの同時申し込みで適用される「スーパーファミリーバリュー」はかなりおトクな内容となっていますので、光回線と一緒にスマートフォンのプランなども検討されている方にはおすすめのサービスと言えます。

UーNEXT光のご利用料金

戸建て・・・月額4,980円(プロバイダU-Pa!込2年割時)

マンション・・・月額3,910円(プロバイダU-Pa!込2年割時)

初期費用・・・契約事務手数料3,000円 工事費 転用の場合0 新規の場合24,000円 ※プロバイダU-Pa!契約事務手数料2,000円

スーパーファミリーバリュー(マンション・スマホ通話回線2回線・LTE使い放題)・・・8,000円  ※プロバイダ料金・通話代・端末代などは含まれておりません。

U-NEXT光のおすすめのお申込み窓口

U-NEXT光

光回線インターネット接続サービス総括

上に各サービスごとの特徴を記載しましたが、まだまだわかりづらいので、条件を揃えて費用をシミュレーションしています。

光回線を料金で選ぶなら

新規で回線をこのページの推奨窓口から申し込んで2年間利用/東日本エリアの戸建てタイプ/ネット回線+プロバイダ料金のみ/一定期間利用による割引や初期費用の割引は適用/キャッシュバックなどの特典も考慮/

と言う条件でシミュレーションしてみると、、、

フレッツ光 約¥126,000-(月額700円・初回事務手数料なしのプロバイダの場合)

初期費用18,800+月額(4,600+700)×24-20,000=126,000

OCN光 約¥125,400ー

初期費用21,000+月額5,100×24-18,000=125,400

ビッグローブ光 約¥118,320-

初期費用4,000+月額5,180×24-10,000=118,320

ドコモ光 約¥136,600-(プロバイダタイプBの場合)

初期費用12,000+月額5,400×24-5,000=136,600

auひかり 約¥88,200-

初期費用実質0+月額5,100×12+5,000×12-33,000=88,200

NURO光 約¥83,832-(無線LAN+セキュリティ込)

初期費用実質0円+月額4,743×24-30,000=83,832

U-NEXT光 約148,520-

初期費用29,000+4,980×24=148,520

となります。

※数字はあくまでシミュレーションの数字です。プランや条件、キャンペーン状況などにより異なりますのでご了承ください。

まとめ

おすすめのインターネット光回線の接続サービスをいくつかピックアップしてみました。

NURO光が総合的にみてコストパフォーマンスが高いです。サービス対象エリアに当てはまる方は十分検討する価値がありそうです。特に、複数台端末を接続する予定の方はセキュリティ対策や無線LANも必要になることが多いと思いますのでさらにおすすめです。

またauひかりもauのスマートフォンなど他のサービスを利用していなくても選ぶ価値がありです。もちろん他のサービスをすでに利用しているならなおさらメリットが大きくなります。

あとは考え方ですが、業務で使用するとした場合コストをシビアに考えることも、もちろん重要ですが、今までの実績や安定性・サポートなども考慮しなくてはいけない場合もあります。

実際に光コラボが始まった時には多数のサービスで窓口がパンクしたり、対応の不備や不安定さと言うのが見受けらえました。

そういう視点で、やはりNTTのフレッツ光を選ぶという選択もよいのではないでしょうか?

他にも、

今まで利用していたプロバイダーが馴染みがあり好きだ。

携帯・スマートフォンを始め他のサービスと組み合わせることでメリットがでる。

などさまざまな状況があると思います。

結局どのサービスを使えばいいのかというのは、ご利用される方のさまざまな状況によりますが、少しでも検討の参考にしていただければ幸いです。

なお各サービスごとの通信速度に関しましては、ベストエフォート型サービスの最大値として発表されているものです。実際接続した際の回線速度を保証するものではございませんのでご了承ください。

またご紹介しているプランの内容やキャンペーンの状況などは今後変わる可能性があります。必ずご自身でご確認いただけますようお願い申し上げます。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク